FC2ブログ
2019.11.13

2019年11月12日(火) イエスタデイ

一夜開けたら、世界中の誰もビートルズのことを知らず、主人公だけが知っているというとても奇想天外(荒唐無稽)な設定の映画(ストーリー)。
一つ間違えれば、中途半端なB級作に成りかねないが、そこは監督のダニー・ボイルの手腕を信じて観ることにした。

で、想像していたよりはるかに素晴らしい作品(ストーリー)。今年(まだ終わっていないが)観た中でもトップにランキングできるものだった。
12111901.jpeg

12111902.jpeg

十代の半ばにビートルズに出会いこれまで限りなく聴き続けて来たが、一つ一つの曲が映画のストーリー展開に見事にマッチしていて思わず感極まる。もちろん多くの名曲から着想してストーリーを作り上げたのだろうが、あたかもこの映画のためにそれぞれの曲が作られたかのような錯覚さえ覚える。



スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://kyotowanderer.blog.fc2.com/tb.php/2283-4ebb0612
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する