FC2ブログ
2019.03.02

2019年2月28日(木) 韓国映画の実力

所用で大阪へ行った後、神戸へ移動。

向かいのホームには近鉄特急。
28021901.jpeg

ここは難波駅
28021902.jpg

神戸三宮行きの表示。これは2009年開業の阪神なんば線を走る奈良⇆三宮間直通列車。未だに違和感を感じる。
28021903.jpg

ともあれ快速急行で三宮まで約45分。梅田まで行って乗り換える必要はないので便利。
28021904.jpg

春節の賑わいも去った南京町。雨で(?)人が少ない。
28021905.jpeg

元町商店街にある元町映画館。
28021906.jpeg

韓国映画を2本観る。一つ目は政権のメディアへの政治介入の実態を捉えた記録映画(ドキュメンタリー)。チェ・スンホ監督は元ソウル大学教授によるES細胞捏造事件をスクープしたジャーナリスト。
28021907.jpeg

二つ目は上と同じく国家によるスパイ捏造疑惑を捉えたドキュメンタリー。こちらもチェ・スンホ監督の作品。
28021908.jpeg

先週の”空と風と星の詩人”と合わせて3本の韓国映画を立て続けに観た。

映画は監督1人だけの力で作れるものではないし、韓国では今や相当に見応えのある作品を作る十分な人材と制作を支える環境を要することがよくわかるものだった。




スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://kyotowanderer.blog.fc2.com/tb.php/2030-ed655361
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する