FC2ブログ
2019.02.28

2019年2月27日(水) 今もある喫茶店

出町柳駅から東へ進むと柳月堂(1953年創業)がある。1階はパン屋。奥で作ったパンを通りに面した表側で売っている。
27021901.jpeg

2階は名曲喫茶。半世紀前なら全国の大きな都市には必ずあったものだが、1組の大型スピーカーに向かうように椅子が同じ向きに並ぶスタイルのこういう店が今も変わらず営業しているところはとても少ない(ほとんどない、と言ったほうが近いかも)。10年くらい前に店内の椅子を(一部)ソファに変えたらしいが、最後に行ったのはそのさらに前だからもう十数年は入ったことがない。
27021902.jpeg
ここに限らず喫茶店に一人でコーヒーを飲みに行くことは久しくない(友達と会うような場合は別=もっともそういうときは名曲喫茶ではなく自由に話ができる普通のコーヒーショップ)。

さらに東へ10分ほど歩くと、京大北門前近くに進々堂(1930年開店)がある。メーカーとしての進々堂の名前には子供時代に父がよく買って来てくれた食パンやコッペパンの思い出と一体になったノスタルジーがある。
27021905.jpeg

この店ではパンを買うことはもちろん、喫茶室で食事をすることもできる。カレーパンセットがお気に入り(ライスなしのカレーライス、ロールパン、サラダ、コーヒーのセット)。
27021904.jpeg

この店(喫茶室の方)に最後に入ったのは柳月堂よりかなり新しくて8年前!である。



スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://kyotowanderer.blog.fc2.com/tb.php/2029-85f64691
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する