FC2ブログ
2019.02.18

2019年2月16日(土) 講演会

神戸の東急ハンズ。ここにも探しているものがなかった。ごく安いものなのでアマゾンで買うと送料の方がはるかに高い。でもしょうがないかな。
16021901.jpeg

春節祭が終わった南京町は通常の人出に戻った。
16021902.jpeg

食材を買う。
16021903.jpeg

今日の主目的はこの講演会。
16021904.jpeg

昨年10月にシリアでの40ヶ月間に及ぶ監禁から解放されたフリーランスのジャーナリスト。
16021905.jpeg

500人収容のホールなので余裕があると思っていたが、開場の10分くらい前に着いたらすでに長蛇の列でびっくり。開会時には完全に満席。集まった聴衆は彼が一体どんな人か、どんな経験だったのか直接話を聞いてみたいと思う人が(自分も含め)多いのだろう老若男女さまざまだった。

前半は現在のシリア情勢についての説明。土地勘もないし宗教・民族・政治的背景もなかなか理解し難いところがあって、ただぼーっと聞いていたが、後半、拘束の実態や日々の経験をスライドを映しながら話され始めると俄然臨場感あふれる話に引き込まれる。
予定時間が迫ってきて司会者から都合3回メモ(多分、そろそろ話を締めくくって下さい、といった内容?)が渡されるが、話が止まらず結局15分くらい延長。質疑応答は時間切れで一人だけということに。それでもまだこれから2時間くらいは話が続きそうな感じだった。

先月は2004年にイラクで拘束された経験のある高遠菜穂子さんの講演も聞いたが、テレビや新聞では到底報道されない(できない)事件の詳細や行動の意図、経緯はご本人の話を聞くのが一番(もちろんいろいろな立場から評価する人や批判する人の話も参考にはするべきだが)。

未だ内容を真に理解するには程遠いかも知れないが、なるほどと思わせる点も多々あった。




スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://kyotowanderer.blog.fc2.com/tb.php/2018-0b4dc914
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する