FC2ブログ
2019.01.15

2019年1月13日(日) 神戸へ

明石は日本標準時の子午線(東経135°)が通る町。
13011901.jpeg

魚の棚(うおんたな)商店街は約350mのアーケード商店街。鮮魚店では明石の鯛、タコ、穴子をはじめとする新鮮な魚介類が威勢の良い呼び声とともに売られている。魚だけではなく八百屋、乾物屋などいろんな店がある。
13011902.jpeg
規模からすると大阪の黒門市場の半分以下だが漁港からすぐの場所なので採れたてを買えるというのが売りである。観光客は時間帯にもよるだろうが、この時はまだ少なかった。

その後JRで神戸に移動(10分強)。

神戸駅から少し東に行くと元町商店街(6丁目)の入口。神戸きってのアーケード商店街である。
13011903.jpeg

商店街に入るとすぐ神戸名物”瓦煎餅”の老舗、亀井堂総本店がある。この辺は人通りが少なく寂れた感じがするが、東端(JRと阪神の元町駅側)へ進むに従って人出が増して行く。
13011904.jpeg

元町5丁目でちょっと海側にそれて走水神社(菅原道真を祀る)へ。”はしりみず”ではなく”はしうど”というなかなかの難読名。
13011905.jpeg

南京町内にある同名の店はいつでも長大な行列で有名だが、こちらは列なしですぐ入れる(今回は入っていないが)。
13011906.jpeg
もとい、つい同名と思ってしまいがちだが、実は”記”と”紀”の1字違いあり。ルーツは同じだが一応別の店で味も微妙に違うらしい(試したことはなし)。

横浜の中華街ほど広くはないが人出の多さ(混雑度)では優っているかもしれない(道が狭いため?)南京町。
13011907.jpeg

春節(中国の旧正月:今年は2月5日)を前に既にお祭りムードいっぱい。
13011908.jpeg




スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://kyotowanderer.blog.fc2.com/tb.php/1983-a3a75d70
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する