FC2ブログ
2018.05.29

2018年5月25日(金) 住友活機園(伊庭貞剛旧宅)

石山寺駅(かつては螢谷とも言ったはず)
25051801.jpg

駅から徒歩5分。2014年にびわ湖ホールでの公演を前にしてこの場所まで来たことがある。
25051802.jpg

年に一度の一般公開、3度目の応募でようやく当選。
25051803.jpg

初めて中に入る。
25051804.jpg

ずっとこんな道(緩やかな登り)が続く。
25051805.jpg

25051806.jpg

ついに館に近づく(洋館と和館が一体となって連なる構造)。
25051807.jpg

近くで見ると本当に大きい洋館。2階建なのに4階建くらいの高さがある。
25051808.jpg

内部の写真撮影はNGだが、天井高が3.5mというから室内はとても開放感があるのだ。

和館の方は前庭の樹木のため外からは撮りにくい。
25051809.jpg

内部を1時間半くらいかけて説明を受けながら見学。予想をはるかに超える建築と庭園だった。と言ってもいかにも金をかけたという豪華さ、派手さはまったくなくてシンプルな佇まい(素材の一つ一つが桁外れの逸品であることは確か)。

58歳で隠棲した際に詠んだと言われる”幾度かうきつしずみつながらへてにほの湖辺に身をよするかな”の歌碑
25051810.jpg

いやはや思った以上のインパクトに圧倒された。





スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://kyotowanderer.blog.fc2.com/tb.php/1789-102fcc02
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する