FC2ブログ
2017.05.27

2017年5月26日(金) 映画再び

中学時代だったか高校時代だったか忘れたがウサギの耳にタールを塗って初めて人工的に癌(腫瘍)を作ることに成功した日本人研究者の業績を学んだことが記憶に残っている。

それが山極勝三郎である。その映画が先週末から始まっている。
26051701.jpg

まったく題材もジャンルも違うとはいえ先週観た”アンコール”のような感動や余韻は残念ながら得られなかった。現在ではそれほど広く知られていないと思われる明治の日本人科学者のことを知ってもらうためには良い映画だが、脚本や配役などに何かしっくりこないところがあった。もちろん個人の好みの問題だが・・・




スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://kyotowanderer.blog.fc2.com/tb.php/1508-b1068ce4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する