FC2ブログ
2017.03.26

2017年3月25日(土) 四天王寺

昨夜、友人からのメールで高校の同級生の訃報を知らされた。

今日はその告別式に参列。
25031700.jpg

場所は大阪地下鉄「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅のそば。中学(2年から)と高校の5年間を過ごした地域である。

亡くなったのは高校2年の同級生50名中の1人で卒業後はこれといった接点もなく会うこともなかったのだが、上記の共通の友人のオペラ大阪公演(昨年5月)の準備会合で何度か会って元気に仕事を続けていることを知った。それからわずか1年足らずの間にこういうことになるとはまったくの想像外だった。

なんとも悲しいというか寂しいというかやるせないというか・・・

会場から幅広い上町筋を挟んで四天王寺がある。聖徳太子の建立になる我国最古の寺院の一つである。
25031701.jpg

とは言っても奈良や京都の寺院に比べてえらくオープンな感じである。中学からの帰りに境内を通過することもあったが、格式ある古刹なんていうイメージはなく庶民の広場的な印象が強い。伽藍は幾度も幾度も天災や戦争などで破壊され、現在の建物は約50年前以降に再建された極めて新しいものであることも影響しているが・・・

”天王寺(てんのじ)さんの亀の池”が有名。
25031702.jpg

この五重の塔が今はなき自宅の自室の窓から見えていた。
25031703.jpg

この石鳥居は吉野金峯山寺、宮島厳島神社のものと合わせて日本三鳥居と称されているそうだ。
25031704.jpg

境内は11万平方米という広大さ(なんと甲子園球場の3倍!)
25031705.jpg

自分的には東門から入って境内中心部を望むこの景色が最も馴染み深い。
25031706.jpg

その後上六(うえろく:上本町6丁目)あたりまで歩いたところで何かの工事中に気づき、どうも気になって記憶を巡らせていると長年ここにあったレストランが大改修(建て替えかどうかは不明)の最中だと判明した。
25031707.jpg

高校時代に学食が休みの夏休み中はクラブ活動の合間に連日のように昼食(マトンカレー69円+ライスコロッケ69円=当時の価格:現在のメニューにはない)をとりに来たことが鮮明に蘇る。すぐそばにあった行きつけの珈琲店もはるか前になくなり、こうして薄皮を1枚1枚剥ぐように記憶の風景が消えていくのだとしばし感慨にふける1日であった。



スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://kyotowanderer.blog.fc2.com/tb.php/1446-09908ee0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する