FC2ブログ
2021.06.18

2021年6月15日(火) 植物園

2週間ぶりに植物園に行った。再開園したのに随分間が開いたものだ。

おたまじゃくしが大きくなった。
15062101.jpg

もう下肢が出ているものも・・・
15062102.jpg

大(中央)、中(右上)、小(左)の揃い踏み
15062103.jpg

キイトトンボ
15062104.jpg

クロイトトンボ
15062105.jpg

シオカラトンボ
15062106.jpg

オランダカイウ
15062107.jpg

半夏生
15062108.jpg

アーモンドの実
15062109.jpg

ソシンロウバイの実
15062110.jpg

マルミキンカンの実
15062111.jpg

アメリカノリノキ(アジサイ科)
15062112.jpg

いろんな色のアジサイ
15062113.jpg





スポンサーサイト



Posted at 00:56 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2021.06.12

2021年6月2日(水) 峰床山〜八丁平

数年前にどこかの市民講座で八丁平の植生が大きく変わってしまったことを聞いて久しぶりに行こうかと思いながらずっと機会がなかった。
そんなわけで今日はおそらく数十年ぶりに向かうことに。

出町柳駅前から出発するバスは路線も便数も激減して北山山行へのコース設定がなかなか難しいこの頃。土日休日だと比良山の登山口へ向かう便が出る早朝は行列ができるが、平日は人がいない。
02062101.jpeg

途中地下鉄ターミナルあたりで乗客が増えて来たが、途中にある会社の通勤に利用されているようだ。
02062102.jpeg

2時間弱で今日の登山コースの最寄りバス停着。
02062103.jpeg

バス道から離れてもしばらくは舗装道路が続く。
02062104.jpg

10分ほど歩いて有名な料亭旅館の前を通過
02062105.jpg

いよいよ一般車両侵入禁止の林道に入る。
02062106.jpg

聖護院(修験宗総本山)の末寺である大悲山峰定寺を通過
02062107.jpg

距離的には峰床山までの半分を過ぎたが、高度はまだまだ。
02062108.jpg

いよいよ急坂に差し掛かる。
02062109.jpeg

歩き始めて約2時間半。いきなり林道に出る。
02062110.jpeg

山頂は目前
02062111.jpeg

八丁平の説明
02062112.jpeg

いつ頃の写真だろう?かなり前だと思われる。
02062113.jpeg

同上
02062114.jpeg

紅葉期も美しいが個人的には積雪期の風景が忘れられない。
02062115.jpeg

林道を横切りさらに登ること30分ほどで山頂に到着。
02062116.jpeg

三角点
02062117.jpeg

標高970m(最新版の地形図では969.9mと表記)
02062118.jpeg

西の方には京都北山連山が連綿と続く。
02062119.jpeg

02062120.jpeg

山頂部はこのようになだらかで広い。ここまで登山道では誰とも会わず。
02062121.jpeg

昼食後、下山開始
02062122.jpeg

倒木多し。
02062123.jpeg

約1時間で八丁平の縁に到着
02062124.jpeg

これが防鹿柵。まだ新しい感じ。
02062125.jpeg

湿原への入口
02062126.jpeg

前にここへ来てから優に40年以上経つはずだが、新雪に覆われたシーンとした景色がいまだに鮮やかに思い出される。
02062127.jpeg

湿原の周囲は完全に柵で囲まれている。
02062128.jpeg

三万年の歴史が刻まれている。
02062129.jpeg

同志社大ワンゲル部が建てた山小屋跡、と言われても記憶にはない。
02062130.jpeg

こういった木道は少しだけ尾瀬を彷彿させる。
02062131.jpeg

”湿原”は今やほんの一部にしかない。
02062132.jpeg

再び登山道を峠に向かう。
02062133.jpeg

林道に到着。
02062134.jpeg

ニノ谷管理舎は無人
02062135.jpeg

尾越の集落を経て大見の三叉路に到着
02062136.jpeg

複数の民家はあるが今は住んでいる人はいない。田畑の作業に下の集落から通っているようだ。
02062137.jpeg

当初予定した峠への入口がわからず(何十年も前の昔の記憶は役に立たない)、別コースを進む。
02062138.jpeg

ここまで来ればゴールは目の前
02062139.jpeg

ようやく花背山の家に到着
02062140.jpeg

山の家の人に聞くとやはり道が分かりにくくなっているところもいくつかあるそうだ。
また八丁平全域の熊笹は鹿に食べ尽くされたようで、これから長い年月を掛けて再生する事になるようだ。





Posted at 01:24 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2021.06.06

2021年6月1日(火) 再開!

4月25日から臨時休園が続いていた植物園が5週間余ぶりに再開された。待ちかねていた人も多く今日は平日なのに休日並みの人出だった。

普段なら足を止めずに通り過ぎるような花壇でも久しぶりに来たからか、すべての花々が何か愛おしい気分である。

エゾヘビイチゴ
01062101.jpg

ムギセンノウ
01062102.jpg

アルストロメリア
01062103.jpg

タテヤマウツボグサ
010621041.jpg

エゾカワラナデシコ
01062105.jpg

アジサイは満開
010621061.jpg

01062107.jpg

01062108.jpg

毎年ここに現れるヒマワリ、だが例年より1ヵ月は早いような感じ。今年は梅雨入りもそうだし季節の巡るのが早いのだ。
01062109.jpg

アオイトトンボ♂ サファイアのような美しい青色
01062110.jpg

夥しい数のおたまじゃくし この画面だけで大小20匹近くいる(?)かも
01062111.jpg

冬と違って近づいても逃げたり泥に潜ったりしない。人に慣れている?おおらか?別に理由はない?
01062112.jpg




Posted at 22:46 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2021.05.31

2021年5月31日(月) 緑濃い季節

16日の梅雨入りからまる1週間雨が続き、その後連日の夏日となった。4日前に半日雨が降ったものの、ほぼ梅雨の中休み状態で日に日に真夏日に近づいている。皆既月食は雲に遮られて見えなかった。

今日も終日好天。陽射しは強いが幸い湿度が低く風は爽やかで汗も出ず。観光地の人出は依然減ったままらしいが、繁華街の人出は大幅に増加。緊急事態宣言の効果はとても低下している模様。

銀閣寺参道に相変わらず人影なし。
31052101.jpeg

哲学の道にも人はいないが濃い緑がいっぱい。
31052102.jpeg

緑のトンネル
31052104.jpeg

緑一色の中、赤いツツジが目立つ。
31052103.jpeg

カモより大きな(?)鯉が悠々と。
31052105.jpeg

モンシロチョウ、を撮ったつもりだが花に紛れて目立たない(中央右上にももう1匹)。
31052106.jpeg




Posted at 23:53 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2021.05.23

2021年5月22日(土) ツバメ

今年は4月にいち早くツバメを見た。すでにヒナが巣立ちして空になった巣(空き巣?)も多く見られるが、まだヒナがピーチク鳴いているところもある。でも巣立ちは近い!と思えるほど大きくなっている。
22052101.jpeg

田植えも間近。
22052102.jpeg





Posted at 23:32 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |